ブログ

空気を読むことは人間関係を円滑にするために必要?

 

空気を読むことは人間関係を円滑にするために必要?


必要です。ただ、「空気を読む」という表現の意味を明確にしていきましょう。


:その場の様子や社会的雰囲気を表す言葉。 とくにコミュニケーションの場において、対人関係や社会集団の状況における情緒的関係や力関係、利害関係など言語では明示的に表現されていない(もしくは表現が忌避されている)関係性の諸要素のことなどを示す日本語の慣用句である。


ここで問題なのは、(もしくは表現が忌避されている)という点です。言えない雰囲気・顕せない雰囲気も「空気」だとしたならば、それを読む必要性があるんですね。


自慢じゃないんですが、私はアメリカに19年ほど住んでしまったため、かなり「空気の読み」にズレが生じることが間々あるようです。英語では、かなり細部までを表現しますので、表現を忌避するというよりは、場所・時間・機会・相手によって表現を変更します。たとえ日本語であったとしても、言い方の努力はできると思うのですが、それを忌避されてしまったときに「察してもらって当たり前」という押しつけも大きいような気がしてしまうことも、かなり多いのです (・・;)


私が大いなる性格が歪んでいる日本人なのか?いやー、そうは認めたくないです (・・;)


どうしてそこでわかったふりをするのかな?

どうしてここで話をおしまいにするのかな?

どうしてはっきり言えないままにして溜め込むのかな?


などなど、感じることは大いにあります。