コラム

英語によるコミュニケーションの宿命

私が生徒さんにお配りしているまとめは、コレです。

すべての日本語表現・英語表現がコレに当てはまるとは言えないですが(何にでも例外はあります)、だいたいこのようなことを意識して、英語を学んでいただいています。

一見して真逆に見える文化や認知の違いを、どの程度理解して英語に取り組むのか?で、コミュニケーションスキルの構築に掛かる時間は大いに差が出ます。ゆえに、日本語を英語に直したり、英語を日本語に訳したりしつつ、アウトプットしたり、実際に目の前で聴いていることを咀嚼すること自体が、かなり無駄なことなのです。土台が違う・・・。(・・;)

目指すものが違うし、コミュニケーションで必要としている内容物が違うわけです。

ここを体感してもらい、いくつもの壁にぶつかってもらい、実際の例で体感してもらって初めて、英語の構造そのものが訳しても意味がないことだとわかるようになる生徒さんだらけです。

最初から、ここを疑っていらしている生徒さんは、やはり長い間違う勉強法を教わってきていて成果が上がらないことにうんざりしているので、この説明に出遭うだけでかなり歓喜します!「ええええ!そういうことだったの?」「うそぉ!今までの苦労は何だったの?」というような・・・。

なぜならば、この英語という文化圏が醸し出すメンタルに近い人は、日本人でもけっこう実在するんですよ。そうなると、素の自分でも行けそうな部分が増えるわけですから、とってもいいニュースなのです。

私自身も、日本の団体生活やら部活動やらその他、かなりはみ出てしまう小娘でした。なので、アメリカに行ってから「すんごい清々した!感」というのがあって、何もかも自由で、責任や義務だけ遂行すれば誰にも文句を言われないすごさに、ほとほとどっぷり浸かりこんでしまったのです(笑)。

ん?英語のほうがなんか合ってるかも??と思うことはたくさんあって、今も私の日本語はかなり英語的です。ただ、場やタイミングや相手や機会によって、それなりに日本人観をしっかり持ちだし、付け加えることは忘れないようにしていきたいとは思っています。それが、英語でもかなり重宝な部分ですから、失いたくはありません。

この考え方に基づいて文法をやり直すと、ものすごいすっきりした基本のキが入りやすくなります。インプットだけでなく、アウトプットもこの法則に則っているので、理解がサクサク進む。ただ問題は、日本語しか使ってこなかった生徒さんたちが、これをどの程度言動共に体現していき、メンタルの部分で分けていけるか?というのが試されます。

なかよしが見つかれば、かなり早いです。仕事でメールのみだとやはり遅くはなりますよね。だって、機会数が少ないですもの・・・。

なので、ESLクラスで機会数を増やして、弱点をプライベートレッスンで補完・強化していく感じで1年半から2年ですっかり出来上がっていきます。

メンタルも強くなったほうが有利なので心理レッスンもしっかり15コマやるのです。伍していく!という気持ちがない限り、自分の考えを深堀りする習慣もついてきませんしね。

目の前にいる相手がいかに自分の内容(頭の中や心の中)を理解してくれるか?というのは、ニンゲンであれば誰しも望むところです。なので、英語が加わることによって、さらに自分の存在を確認できるってすごいです。

もちろん理解を体現する回数は、ヒトによって個体差があります。けれども、だいたい1年半から2年くらいで何とかなっちゃいます!ぜひとも無料体験レッスンにお申込みください。<(_ _)>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。