コラム

Low Contextな英語のアヤ

英文としてビジネスであれば、

日本語 ⇔ 英語

の訳であっても、理解してもらえる可能性は増えますが、日常会話になると、けっこう確率が減ってきます。これがなぜなのか?を、根本的に理解していない限り、英語はずっと「暗記」「コツコツ1フレーズずつ学ぶ」を続けなければなりませぬ。

それは、莫大な努力と時間とエネルギーや情熱、もしかするとお金まで必要な悲しく遠い道のりです。

ローコンテクスト:low context= 言語や文化の成り立ちが欧米系のもの

言葉そのものよりも、文脈や背景、言外の意味を重視する姿勢

ハイコンテクスト:high context= 言語や文化の成り立ちが日本語を代表とするアジア系のもの

言葉そのものの意味を重視する姿勢

それゆえに、Precious One English Schoolでは、この意味を文法を学ぶときに入れ込みながらやるわけです。日本語を英語に直したり、英語を日本語として理解することはいたしません!

でなければ、話せるようにはならないですし、相手に理解されるところにより近づけるようにはならない。自分の脳内に翻訳マシンを作るような学習法では限界がありすぎます。

文科省がやってきた英語、商業英語スクールがやってきた英語の限界は、まさしくここにあります。インターネットでは、これらに気づいた人々が新たな学習法をさまざまに展開していますが、これらをしっかりと説明しているものは稀(まれ)です。

ゆえに、英会話のような発展版となったとしても、数をこなす=時間がかかる、というのがまだまだ横行していくわけです。そうなるとやはり、文科省時代・既存の商業英語スクールと、さしたる違いはなく、成果が上がりにくいのです。

さらに加えていくと、日本で生まれ育ったみなさんに、急激にこのLow contextを開始しましょう!というのはムリがあります。そんなものを一朝一夕でマスターできるヒトはほぼ皆無です。なぜならば、今もその言語と文化に囲まれて暮らしているわけですから、廻りに英語だけになるよりは、難易度は高い。

ゆえに、Precious One English Schoolでは、同時に心理レッスンを展開し、世界の文化圏の意識などを同時に学びながら、ご自分の脳の開発をしてもらうことに重きを非常に高く置いています。とはいえ、これに関しては、切り替えスピードが個人差になってしまうため、目に見える成果の差が生まれます。

ただ、今回は英語を媒体として世界が広がるかどうか?考え方が変えられるかどうか?成長できるかどうか?のトライアルをしていると、ざっくり捉えていただき、しかも「英語がマスターできる!」というオトク感をものすごく感謝してくださる生徒さんは多いのです。

結果論として、日本人としてだけではなく、世界人として、楽しくラクに生きていけそう!というワクワク感を得ていただけます。

ひとりひとりの個人差をカバーするために、Chatworkを使い、毎日24時間スクール受講中はずっと、私個人と繋がっていただいていおります。英語で言いたいことは千差万別なので、それをご本人たちが英語で表現したものを、「うーん、そうは言わない。不自然な英語」と添削します。

具体的なサンプルとしては、

毎日iPhone触りすぎちゃうんだよね〜

I always touch my iphone and I check texts or have net surf.

I can’t let my iPhone leave alone!放っておけない→すぐ触っちゃう

My iPhone and I spend time like buddies. 親友のように時間を過ごす→ いつもいっしょで触っている

触るというのにこだわるのが日本語で、

具体化するのが英語です!

のようなやり取りを繰り返していくことにより、日本語的な自分の言い回しに英語的なレパートリーが加わるわけです。日本語を英語に直すのではなく、映像・目の前で起きている出来事や様子を英語で直接表現することが可能になっていきます。

このLow contextの基本をゲットしない限り、ずっと翻訳マシンの精度を脳内で熟成するだけになってしまうことになる!というのをぜひともご理解いただたいて、学習法について考えてみてください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。