食の好みが変わってきた

Yoko

 

昔は苦手だったのに好きになってきた食べ物や、その逆もあります。

好きになってきたものは、小さい頃 “なんで親は、こういうものが好きなんだろう” と思っていたようなもの。ミョウガやふきのとう、豆類などです。

逆に前の方が好きだったな、と感じるのは私の場合は海老やラーメン。

息子は小さい頃からぶれずに寿司好きなので、よく回転寿司に行くのですが海老よりもイカを取りますね。

小さい頃は寿司の中で好きなものといえば、もちろん海老!だったのですが。

前は甘海老とかはなく、茹でた海老が入っていたと思いますがそれが大好物でした。

あとは、最近好きなのが、胡麻豆腐。以前は苦手でした。

中学の修学旅行で、京都のお寺で精進料理をいただいたのですが、その中にあった胡麻豆腐が食べられなくてお叱りを受けた記憶あり・・・

そんなこともあり、見向きもしなかったのですが最近は好んで買うようになりました。

まだこれから変わって行くのでしょうね。

相変わらず甘いものは大好きなままなので、困ったものですが・・・

なんで変化してくるのだろう?と調べてみたところ

 

****************************************

理由は、「味蕾(みらい=舌や軟口蓋にある食べ物の味を感じる小さな器官)」が変わったからなのです。

「味蕾」というのは、自分の目で確認することはできません。舌の上の小さな隆起は乳頭と呼ばれ、それらに「味蕾」が含まれています。咀嚼・会話・清潔感などにも影響するものでもあります。  

 「味蕾」は、数週間ごとに消滅して再生します。口の中で脆弱な位置にあるため、時にはもっと頻繁に起こることもあるようです。
 基本的に舌が熱くなったり、擦られたりするたびに、多くの「味蕾」が消滅していきます。幸いなことに「味蕾」の再生は早く、もし舌をやけどしたりした場合、これまでコーヒーをミルク入りでしか飲めなかった人が数日でブラックでも飲めたりするようになるのです。

****************************************
 ・・・結構すぐ食べたがるので、やけどは多いかも。まだまだ好みは変わって行くかもしれないので楽しみにしたいと思います。

Standing While Eating

Ewa 

 

For many people eating is a very social activity, and having a comfortable place to sit down and eat is a must for most. Some people can barely drink while walking, but in Japan, especially in crowded, busy cities, eating lunch while standing is not an uncommon practice. When there is limited space and real estate comes with a premium price tag, standing restaurants are the top choice for food establishments. There are a couple of reasons these are so popular in Japan, which I will explain below. 

 

Time is money, and time is precious. In Japan, salarymen and many full-time workers who eat out for lunch are limited in how long they can spend relaxing at a restaurant during their lunch break. Standing restaurants have quick service and fast turnovers, and you literally waste no time sitting down to eat. You go there, order, eat, and leave. There’s no time wasted cleaning large tables and shuffling around chairs, and you are guaranteed a meal no matter how crowded, because you don’t need to wait for a table!

 

The second reason that makes standing restaurants so popular is their affordability. Because these establishments are not wasting extra money on space, tables, chairs, and extra cleaning supplies to maintain those things, they can deliver a meal to you that is affordable, but still of good quality. Costs for a meal can range from 300 yen to about 1000 yen, which is extremely affordable for most people. 

 

Another reason for the cheapness is the amount of self-service involved. You will know a standing restaurant by the food ticket vending machines outside the entrance. Instead of having hall staff take your order, you insert money into a machine and buy a ticket representing your order, which you exchange inside the restaurant for your food. You also pick the food up yourself, so only kitchen staff who prepare your food are really required. Even after your meal, you have to return your empty plates and utensils yourself to the return counter at the restaurant, basically cleaning up after yourself. 

 

These places are usually small and individually run, so each standing restaurant will have a different, unique atmosphere that will show you much of the authentic side of Japan. Since the shops are small and space is limited, you may often find yourself elbow to elbow with strangers at these kind of places, leaving you will ample opportunity to interact with the other customers and maybe learn a little about Japanese culture from them.

非常時に買い占めをしてしまう心理とは?

もしもこれを読んでいる方が買い占めをしたことがあるのであればごめんなさい。<(_ _)>

相当傷つくと思います。これを機会に買い占め行動などをしないようにしていただけたら、もう少し住みやすい世の中になります。よろしくお願いします。<(_ _)>

 

1.物事を自分の判断・意志で決定できると考えていない

 

子どもの頃からずっと自分の意志や判断を批判されまくり、反対のことを「させられてきた感」がある人は、Corona-virusにせよ、台風一過にせよ、自分にはできることが少ないと結論づけている傾向があります。ゆえに、今あるものを節約する・バラエティを考える・多次元利用する、などという能力が自分にあるとは考えていないのです。近場にある最もいいものに飛びつく結果になってしまいます。

 

たとえばマスク品薄であれば、マフラーを高めに巻いてガーゼやハンカチなどを装着できるようにする、手作りでマスクを作る、現在あるマスクの再利用を考える、など、ネットで調べればいくらでも出てくるのですが、自分では思いつく範囲にそれらがないことが残念です。

 

2.いちいち考えることが面倒くさいと思っている

 

買い占めをすることと直接は関係ないですが、せっかくエネルギーと時間をかけて考えたのに、それが間違っていたらどうしよう、という不安感が大きく、その考える労力がとても億劫で、エネルギーを保存したいという欲求のほうに傾くことを、いつも選択していると、脳もそちらを重視していくようになります。

 

そもそも、考えるという行為はものすごくエネルギーを要します。私の主食とアルコールはほぼ考えるエネルギーに使われているのだろうなーと容易に想像できてしまうほどです(笑)。割とイチイチ考えて、最良・最善の法則性を探すことを楽しみと思っている脳と、そうでない脳には、さまざまな場面で大きな違いが生まれます。

 

3.In-group 多数決になびく傾向がある:多元的無知

 

多元的無知:集団の多くの成員が,自らは集団規範を受け入れていないにもかかわらず,他の成員のほとんどがその規範を受け入れていると信じている状態

 

自分はいつもルールに則っている and/or 信じている、わけではないのに、他の人にどう思われるか?他の人はどう行動するか?どのような結果を得るのか?んどを想像してしまうと、不安なのです。自分だけが少数派に属して結果オーライではない状態には耐えられないので、少しの妥協はします。

 

日本語を使うグループの人々の特長は、「普通」「みんな」という規範があるということ。コレに背くのはかなり勇気が要るのですよね。

 

かく言う私は、幼い頃からずっと「少数派」だったので、特に勇気は要りません(笑)。

 

4.物事を決定するときに「損得」に重きを置いている:ナッシュ均衡

 

ナッシュ均衡:1950年にジョン・ナッシュ(94年ノーベル経済学賞受賞)により考案された、現在のゲーム理論において最も基本的な均衡概念。具体的には、ゲームに参加する各プレーヤーが、互いに対して最適な戦略を取り合っているという状況を指す。このような状況が「均衡」と呼ばれるのは、各プレーヤーが互いに最適な戦略を取り合っているため、これ以上戦略を変更する誘因を持たない安定的な状況であるからである。ただし一般的には、あるゲームにおいて、ナッシュ均衡は複数個あるのが普通であるため、ゲームの最終的な解を求める際には、複数のナッシュ均衡の中から更によりありそうな均衡に絞り込む、リファインメントという手続きが行われることが多い。

 

弱肉強食という簡単な語は、実は進化論の適者生存:Surival of the fittestという言葉から派生します。ゲームに勝つための最も使われる膠着状態が生まれる論理は1950年にはノーベル賞を受賞していたんですね。

 

簡単に理解するのはこちらの動画:https://www.youtube.com/watch?time_continue=90&v=7WTflaG2LEE&feature=emb_logo

 

買い占めに当てはめると、負けてしまう状態を避けるために他の人が獲っている戦略に変えて、損切りをしようとする行為です。実際には、トイレットペーパーやマスクを買い占めても、得なんてしていやしないと思いますけどもね(笑)。

 

というわけで、日常のあなたが問われるので、備蓄について少しじっくり考えてみてください!

単語は覚えるしかない?

最終的には「長期記憶に入っている」というのが厳密な表現ではあります。が、プロセスとして、暗記をする必要など微塵もありません(きっぱり)。日本語を暗記している分野として、多くの社会科学の科目があります。小中校のレベルで行くと、

 

漢字・英単語・人名・地名・事件&出来事・言葉の定義などなど、多岐に渡りますが、共通項があります。それは、現象や物事・人などの名詞化されているものをメインとして、言葉を継ぎ足して、理解することを言語でサポートしている、ということです。

 

しかも、コレは左脳に入れて、左脳を使い続ける作業なので、定着するまでがかなりたいへん!とはいえ、すべてを右脳(実物や写真や映像)で入れ込むのも方法次第では手間がかかります。この使い分けができれば、単語は暗記する必要性などないんですけどね・・・。(さらっと言っていますが、身体の構造的には正しいですので・笑)

 

私個人は、小中高大のまじめに勉強に取り組まなかったので、暗記をトライしたのは、日曜学校のジャンヌダルクの演劇の台詞だけです。でもかなりテキトーでもお芝居は進みました(笑)。あんな苦痛はやりたくないですよ。

 

が、みなさん不思議ではありませぬか?

 

歌詞であればかなり入る(笑)。しかも長期記憶に自然と入る(笑)。

 

こういうコツのようなものを持っていることを自覚していけば、生活の中で充分、無理なく、語彙を増やすことは可能です。しかし、いつまでも単語帳や、語彙偏重のテストを介して英語の勉強を続けていくのであれば、修行の道しかないでしょう・・・。(・・;)

 

ある一定の目安のようなものが、英検やTOEICには実在します。それらを本気で単語帳で入れ込むことは、Precious One English Schoolでは行っていません。中学生・高校生には、英語のみのサイトで、英語や絵(イラストや映像)で変換をしてもらっており、日本語を介することを極力減らしています。が、それも導入段階であり、最終的には「どのくらいの単語を知っているのか?」というチェック機能となります。

 

でなければ、いつまで経っても実際に話す・書くというアウトプットに生かされてこないからです。その勉強時間を長くしたいのであれば、単語は暗記してください。<(_ _)>

 

English Speakersの子どもたちは、幼い頃に Flash cardsというのを使います。が、それは導入で使うのみであることをしっかり理解していただけたら、と強くお願いしたいです。このようなサイトがあるので読んでみてください。フラッシュカードの利点と弊害 これを長い間、小中高の12年間続けていたら、強制感満載になりますし、実際には使えるようになりません。程度問題です。

 

最もいいのは、自分が生活していく中、事象・物・人・事柄などについて深く考えるようになり、よく観察した上で、それを日本語で表したいのか、英語で表したいのか、自分の中で意識して、実践することです。観たときにそのまま理解して自分のものにしたいのであれば、英和辞典ではなく、和英で充分です。

 

英和辞典を使わねばならぬのは、強制感満載のReadingが多いときでしょう。そのListeningやReadingのアウトプットに対する態度や、プロセッシングについて、しっかり理解して、導入部分から自然の摂理に叶ったラインに落していけば、単語は一切憶える必要はありません。

 

多聴多読を強制するのか、結果的にそうなっているのか、は、ベースラインが違います。心の向きを考えてみてください。強制的に何かをやることは、結局のところ身につかず、宝の持ち腐れになったり、脳のどこに入っているかわからなくなったり、忘却の彼方へと飛んでいってしまいます。

 

単語はぜひとも暗記することは回避してください!!

Term Limits for Members of U.S. Congress

John

 

In forming the USA National Government, George Washington, one of the Founding Fathers and the First President, laid down a standard for all citizens: Put the U.S. Constitution first!

That wise guidance has been, from the beginning and continuing, formally put into effect by a sworn oath “to defend the Constitution against all enemies, foreign and domestic”, taken upon assuming office by Presidents, Vice Presidents, and Members of both Houses of Congress. As an aside, that oath is also taken by every Member of the U.S. Armed Forces and every appointed Official of all three separate and independent Branches of the Federal Government: Executive, Congressional, and Judicial. We are all in this boat together…

George Washington also established the precedent of two 4-year terms as President being enough. President Franklin D. Roosevelt broke that precedent and was elected four times: 1932, 1936, 1940, and 1944. The Constitution has since been amended to conform to George Washington’s original two terms precedent.

Donald Trump became the USA’S 45th President, having no political or military experience. Among the many changes he has verbally supported has been “To drain the swamp” in Washington, DC. Technically, when the State of Maryland donated the land that became Washington, DC, it was literally a swamp. It had to be drained before construction of the new seat of the national government could begin, circa 1805. So in a sense, Trump is about 200 years late in his proposal.

On the other hand, it is not too late to “drain the swamp” (reduce graft and corruption) in the U.S. Congress via new term limits. But it is always, and should be, difficult to pass another amendment to the U.S. Constitution, and one for Congressional term limits essentially would be viewed as “suicide” by long-serving members, who would be voting on the issue.  

My idea for such an Amendment is to set a life-time limit for each citizen as follows: two terms in the Senate (12 years) and six terms in the House of Representatives (12 years). That should keep the Congressional swamp drained.

ケチャップの存在意義

本日の真昼間、ランチはどうしようと思いながら、「スパゲッティがいい!」と言われて在庫を確認。乏しかったので、納豆スパゲッティ(キノコ和え)にしたのですが、気づいてしまったのです。我が家でのケチャップの存在意義を・・・。

 

わかったあなたはすごい!そうなのよー!限りなくスパゲッティナポリタンのためだけに存在したのです(笑)。エビチリのときにも手を抜きたいバージョンのときには多少使うけどね(笑)。でも、エビそのものがけっこう高いので、手抜きをしたいなら作らない選択をすることが多いので、やっぱりトマトケチャップは限りなくナポリタンのためだけに存在している、と言いたいところです。

 

ケチャップを使う料理一覧はこちら デルモンテ ケチャップを使う料理

 

で、ここで厳密にリサーチしてみたところ、私が他にケチャップを使う料理は、ものすごく少ないことに気づいたのでした。

 

  • オムライス
  • スペアリブ

の2つだけ。

 

ハンバーグソースもデミグラスか和風が多く、昔むかし、母が作ってくれたケチャップソースをなつかしいと思いつつも、自分では食べていないことに気づく(笑)。ミネストローネやピカタなども、ケチャップは使わず、トマトソースやトマトそのものを使っていることに気づく。

 

ではなぜナポリタンはケチャップなのか?

 

アメリカに住んでいたころは、Heinzを使っていたんですが、日本ではカゴメかデルモンテなのです。味が少し違う。しかも私はポテトフライが嫌いな方だったので、オーダーしなかったのですが、ここのところ、母が好んでOKストアに売っているガーリック入りの冷凍ポテトをせがむので、それをたまに食すようになりましたが、当然、ケチャップは要らず・・・。

 

アメリカに住んでいたころ、やはりナポリタンを作ってみたんですが、それをHeinzとトマトソースの2種類で作ったところ、やはりトマトソースでは昭和に食べた味にはならず、なんだかハイソな味になっちゃうんですね・・・。エビチリと同じなんだろうか?エビチリも、ケチャップを使うときはなんだかちょっと違う味なんだよね・・・。トマトソースをちょこっと入れたりしたときと違う。

 

で、調べてみると、ケチャップにはお酢が入っているらしい。うーむ、そういうことなのか!と納得。じゃぁ、味は変わるよね・・・。

 

酢で思い当たることと言えば、うちのスタッフ陽子ちゃんに最初の頃、やたらと感動されていたんですが、私はかた焼きそば・あんかけ焼きそば・五目そばに、ものすごい勢いでお酢をかけ回すらしい(笑)。豪快で観ていて気持ちいい、と。言われてから気付いたんですが、確かに(笑)。で、この前、日高や調布店に行ってみて確認した(笑)。いやー、すごい量をかけている(笑)。お酢の入れ物の1/3くらいは使ってしまっていた・・・。

 

そりゃー、豪快だよね・・・。

 

で、お酢を入れたときにはスープも半分くらいまでは飲むんだけど、フツーのラーメンはれんげで2杯か3杯くらいしか飲まないことも判明(笑)。

 

こういうのも在庫に影響するんだなぁ・・・、と、ほとほと感心してしまったリサーチ結果でした(笑)。子どもの頃だけでなく、大人になってもこんなことやってたら、毎日さぞかし楽しいだろうな、と自分でも思うのである。発見が多いって感じられるだけでも、日々は待ち遠しく想えるのでした。

苦手な検査

Yoko

 

今年度は健康診断をやり始める時期が遅くなってしまったため、全部やれませんでした。一通りの健診はしましたが、最後3月に予約していたバリウム検査は新型ウイルス流行真っ只中でもあったため先延ばしてしまいました。ただ単にやりたくなかったというのもありますが・・・最近のバリウムは以前よりかなり飲みやすいし量も減ったと思いますが、相変わらずあのぐるぐる回転する動きがハードに感じる・・・近年体が重くなったから余計に感じる・・・ “はい、そこで右に3回まわって!”“ ”いいですよ、上を見て!”とかグラビア撮影のように技師さんは盛り上げて(?)くれますが、終わった後の腹痛含め、苦手です。

好きな人はいないと思いますが。

あとはこの年齢になっても自分の採血を見るのが苦手。血管も探しやすく毎回スムーズなのですが血が抜かれていくところを見るのは昔から苦手です。

予防接種も、刺さっているところを見るのが苦手。他にもマンモグラフィなど色々ありますが、現在苦手ナンバーワンは私はMRIです。

以前、脳ドッグを受けた時に全く問題ないレベルではありますが検査箇所があり、経過観察として年1回脳のMRI検査をしています。

まず狭いところが苦手。あの暑いんだかなんだかわからない筒の中も嫌い。

固定されて動けないのも嫌いだし、あの音はなんなんだ。

初めて検査した時は、出してくれ、とパニックになりかけましたが数回やるうちに少しずつは慣れてきました。私なりの対策としては、機械に入る前にアイマスクをしてしまいます。

それはそれで、自由がない感じで圧迫感があるにはあるのですが、病院の検査は流れ作業的なのでそんな事を噛みしめる間もなく筒の中に入ります。

入る瞬間がわからない分、アイマスクは便利です。あとは、うるさーい工事現場やラテン音楽のドラム音みたいな音に耐えるのみ。

痛くもなんともないし、主人などは“寝ているうちに終わった”と言っていましたから大丈夫な人は全く大丈夫な検査なのでしょうけれども、私は毎年緊張しまくりです。

今年もそろそろ検査の季節。

気が重いですが、“やっぱり嫌い”と昨年医師に伝えたら“次はできるだけ短いコースにしとくよ”と言ってくれたので、今回は短さを期待して頑張りたいと思います・・・

そして3月にやらなかったバリウムもやらねば・・・何回もやっても憂鬱な検査は憂鬱ですね〜。しかし大事なことですから、頑張ってきます・・・

Japanese Toilets

Ewa 

 

After World War II, Japan seemed to almost miraculously come out of its closed door policy and catch up with the rest of the world in a span of a few decades, quickly becoming one of the world’s leading economic and technological powerhouses. 

 

However, with the advancement of technology, some aspects of Japan seemed to remain stuck in the past, and I will introduce a few of those things here. 

 

One of the first and probably most famous aspects to talk about is the Japanese toilet. It seems that nowadays, wherever you go there is either an extremely modern toilet that is pretty much entirely hands free, or there is the infamous squat toilet, a toilet type not found in the US. Japanese modern toilets usually come with a button panel that give you many options for using the toilet, from playing music while you’re going to mask any noise to spraying water to clean your privates. They are truly very convenient works of ingeniousness that should be installed in all toilets around the world. 

 

However, despite such toilets becoming more common, you will still find the older squat toilets, especially in the countryside and even public parks in the city. Not only are they hard to use, but these toilets are also often paired with…a lack of available toilet paper. In fact, toilet paper in many public restrooms is so rare that people have grown accustomed to carrying tissues around with them wherever they go. 

 

If you do happen to go to Japan, you’d be better off carrying a small pack of tissues or napkins. There will also often be people outside train stations handing out packs of tissues for free, so take advantage and grab a pack or two when you walk by them. You never know when they will come in handy. 

三日坊主になってしまう人とは

さまざまな解析ができますが、いくつか心理的に観てみます。

  1. Big 5の開放性は高いが、誠実性が低い:好奇心は強いが粘り強さがない

Big5はこちら:https://www.sinritest.com/bigfive01.html

性格をどのように捉えるか?という解説はまた別の機会にしますが、現在最もValidity:有効性が高いのは、この性格テストだとされています。もちろんおおまかなのですが、これを元にカウンセリングを開始したり、基本的なものになっていますので、ぜひとも受けてみてください。

開放性が高いことは、学ぶ姿勢としてはたいへんによいことなのですが、誠実性が低いことによって、努力を怠りたいという気持ちや、完成度の甘いものになってもOKという緩い態度を容認してしまう傾向が高くなります。

このような傾向を改善するために何ができるか、よく考えてみることが大切です。

           2. 自分を知らないまま、とりあえず手を付けてしまう

上記の性格そのものも基本的にとても大切なのですが、自分の行動・認知・世界観などを知らないまま目標を設定したり、やりたい気持ちをそのまま行動に移したりすることが失敗に繋がります。

みんながやっている方法が果たして自分にも向いているのか?と疑いなくやる方は、実際とても多いのです。でなければ、ダイエット方法がこんなにも長い時間喧伝され続けることはないですし、日本国民はみな英語は話せるようになっていると思われます。 (・・;)

         3. 手を付ける目標のメリット&デメリットの整理ができていない

なぜそれをやる価値があるのか?を目いっぱい考えていないと動機づけが弱いことがままあります。デメリットを引き受けないまま開始する方も多いです。ダイエットなどでは、おいしいものをしばらく我慢せねばならないことなど、心理的デメリットはけっこう高い山なはずですが、ここを考えないまま、ひょいっとフットステップ軽く開始すると、三日坊主になりやすいです。しかもメリットの高さを吟味しておかないとやる気は萎えます。

        4. 時間管理ができていない

時間に関しては、日常的にみな「必ず期待できるもの」としており、いくらでも湧いてくると勘違いして暮らしているようです。そのため、効率や成果のためにスケジュール表やカレンダー、管理ソフトなどみな日常的に使っていますが、本当に生産性が高いかどうかはまた別の話です。ゲームやネットやTVを観ていてあっという間に時間が過ぎてしまうことも、やっている最中は気づかず、逆に課題やTasks、宿題などをしていると時間が足りない!と叫ぶことも多いことでしょう・・・。(・・;)

時間管理というのは、心理的な発達のさまざまな分野を組み合わせて使ってこそ完成するものなので、日々、死ぬまで戦っていくものなのです。修行をしてチャレンジされているところなのですが、多くの人は切羽詰まらないとわからないまま、ということが多いですね。身内が大病をしたり、亡くなったりしたときに、しみじみと感じ考えたことをぜひとも生かしていただきたいです。

          5. 計画性が甘い

びっくりすることに、目標そのものがあまり有効でないものも多いです。漠然としているというのが共通点として多く、その他、自分にマッチしていないもの・時間を決めていないもの・測れないもの(成果をチェックできない)・目的がないもの・論理的に破綻しているものなど、さまざまなことが考えられます。

  • 10キロ痩せる
  • 200万貯める
  • 留学して英語が話せるようになる

 

あまりに煮詰まっていない目標です (・・;) ノウハウ・ハウツーということに着目している日本の教育ですが、Know how/how to よりもっと大切なのは、know why/what to doであることを意識化してみてください。

          6. Routineに組み込むための具体化ができていない

 

具体化というのは、条件や手段を考えていくことで、最も無理のない形で、さりげなくて負担感が少なく、成功!とも言えないくらいのフツーのことを淡々と続けていけるような具体化が、1日あるいは1週間単位の時間に散りばめられていることです。トイレに立つたびにグラスに水やコーヒーを満たす、とか、家に戻ってきたら必ずゴミ・鍵・財布・電気・冷蔵庫などをチェックするとか、そういったささやかなことへと変化させていければ、習慣化は簡単です。

 

三日坊主にならないように、計画性についてもレッスンを1時間確保しているPrecious One English Schoolの基礎コースです。無料体験レッスンにお申込みください!

 

Use of Credit in Japan and the USA

John

 

My first use of credit in Japan was with a credit card issued by American Express Japan (AMEXJ). As a foreigner I had few options. In the beginning my charges were listed on the monthly statement sent by snail mail (Japan Post).  The total amount listed was automatically transferred from my Mitsubishi bank account to AMEXJ the same month.

As a result, there was no interest for me to pay. However, there was a significant fixed annual service fee for use of the card. On the good side, AMEX followed me everywhere, including to Manila where I had an office for a while. In that place I needed the extra security AMEX provided. For example, our local company bank with knowledge aforethought allowed an unauthorized person in my company to withdraw money from a company account.

Recently, AMEXJ has advertised a revolving time payment plan, whereby an account holder can select how much of the total amount due she/he wants to pay each month. AMEXJ was very quiet about the interest rate the account owner would have to pay on the remaining account balance.      

USA banks such as Bank of America have long been providing VISA or MASTER CARD accounts with a set interest rate and a set maximum amount of credit, often in the thousands of dollars. Interestingly, my USA credit rating goes up or down as the total amount of credit authorized by all my bank credit cards goes up or down. 

Concerning revo barai (revolving payment) in Japan, there are some dark money loan/high interest rate lenders in the market place (such lenders have long been active in the USA as well). While legally registered companies in Japan can charge annual interest in the 3%-18% range, revo barai companies are known to charge interest in the 10%-50% range for a 10-day loan. 

Separately but related, there is a massive student loan scandal in the US. This involves legal interest rates by a lot of banks and legitimate finance companies; but they knowingly loaned huge amounts to college students who have minimal likelihood of timely repayment. As a result, the interest on the unpaid loans typically increases faster than the student payback….