最近開始したこと:小学生を教える

小中高生のカウンセリングおよび英語学習をポツポツとやっています。これまでも英語を教える中、カウンセリング要素(心理的な心の動かし方や認知の変換など)は入れていたのですが、本格的に開始することになりました。

小学校3年生の男の子の月間カリキュラムを作っていたら、楽しくてびっくり(笑)。

私は残念なことに子どもに恵まれず、育てたことはないのですが、発達心理学での学びは深いものでした。今もUC Berkeleyで教鞭を取っている Dr. Campos  http://psychology.berkeley.edu/people/joseph-j-campos には、子どもの空間理解や愛情・絆の作り方など、詳細に学びました。それがこんなに役に立つとは・・・!と驚いています。

リズムのある暮らしや、他者に関心を寄せる、物事を俯瞰して見たあと詳細まで気を行かせる、時間概念についての実感を伴った体験をする、自分についてフォーカスして深部までの旅を脳内でする、等々、項目はたくさんあるのですが、義務教育内&家庭でこれらが充分まかなえる場合とそうでない場合があると思うのですよね。

私などはたまたまラッキーだったので、自力でサラリと生きていけるようになってしまい、まともに会社に就職することもなく、食べていけるようになりました。本当に両親に感謝です。ところが、悩みを抱えてモヤモヤしたり、他人の悪口を多く言ったり、人を負かすことに砕身していたり、損得を多く考える人たちの多くは、自分探しにあまり時間を使ってはいないし、多数決に振り回されたり、自分を知らないままに暮らして潜在能力を開発せぬまま、楽しくないやっつけな日々を暮らしているかもしれません。

そうした意味でも、自分探しをもっともっと多くの人々がしてくれることを祈っています。

小学生とのSkypeはどうなることやら・・・と思いつつも楽しみです。

Teaching boys

書道セット・スクラップブック・ぬり絵などを駆使して、カリキュラムを組みます。タイプの練習なども早期に開始するのは、まだまだ繰り返しが楽しい部分を開発していくためで、デジカメを使って自分を表現することや、色彩感覚を培うこと、興味の対象のばらつきを視ること、じっと集中できることや、心が静かになる時間を最初は自動的に作り、のちのち自分で作れるようになること、などなど、目標はたくさんあるのですが、楽しいですねぇ。

なにせ、子どもは素直な部分が大人よりもずっと広いので、変化が速い&早いのです!またご報告できるように、毎週をエンジョイしまーす!

You are what you eat!

あなたは食べるものでできています。

これは英語圏の人々ならみなが言うことで、あまりに言い古されているのに、なぜかアメリカ人の食生活はよろしくもありませんよね・・・(汗)。世界で最も食が繊細で数が多く充実しているのは、日本だ!と、私も信じて疑わないのですが、それでも20年近くアメリカに住めたのはなぜ?ということが疑問かもしれません。それは、決して日本の食生活も今はそれほどよろしくもないと、8年前に帰国してからは思うのです・・・。

you're what you eat

野菜が高い!

信じがたいほどの高さです。アメリカに住んでいると、レタスを例にすると、夏場は最安値のときには1球5・60円くらいになりますし、冬場でも200円ほどです。野菜摂取量は、物価に伴うと思えてしまう・・・。きゅうりや玉ねぎ、にんじんなど、普段の食卓に上がるものが高いので、腰を抜かしてしまうほどでした、最初の頃は。私は日本に住んでいる頃は、決して野菜っ食いではなかったのですが、USにいると、不思議と、にんじん・ブロッコリ・カリフラワーなどもおやつとしてナマのまま食べるのです。そのままで充分味がついていて甘いので、ジップロックバッグ(あー、カタカナで書くと不思議・・・。Ziploc bags)で持ち歩けるほどでした。

お米も高い!

日本品種改良米のカリフォルニア米が、私は大好きでした。あまりモチモチしていない、酢飯やカレーのごはんに合うような固いものが、元々好きだったのでピッタリマッチした感じです。しかも安い(笑)。California米の事情はこちらから:http://uguisu.skr.jp/usa/rice.html 安いでしょ?

糖分が多い!

日本に戻ってきてびっくりしたのが、お惣菜・コンビニ・各種レストラン・めんつゆ等が、やたらと甘いのです。昔よりもずっと裕福にはなったニッポンですが、こんなに甘くていいのか?と思うほどに糖分が入っているのでした。日本人は万年ダイエットに勤しむ人が多いのも特徴ではあるのですが、なのに、こんなに「隠れ糖分」が多くていいの?とは思いますねぇ・・・。20年不在にしていたので、この比較は正確だと思いますよ。しかもアメリカは、ファストフード漬けになっているとやたらとすごいカロリーなのですが、私はそもそも甘いものが食べられないので、甘さにはとてもビンカンです。ここのところスイーツブームがずっと続いており、もう日常化してしまって久しいみたいなのですが、USの糖分はハンパなく、私ごときは我慢しても食べられる類のものではありませんでした。素材の味を生かす以上の糖分は、やっぱりよろしくないです。

食生活の見直しをしてみてください。学習を伸ばすには、やはり身体が資本です。

発音問題??

発音は綺麗な方がいいか?そりゃーいいのでしょうけれども、大きな問題ではありません。いえ、むしろ母国語訛りがあったほうがいいのかもしれないです。心理的にはあったほうがいい、と鼓舞する裁定ではありますね。

名探偵コナンの中で、かわいい灰原哀ちゃんがこんなことを言っています:

方言は言葉につけたアクセサリー。

外したければ外していいけど捨てちゃだめよ。

それにはあなたがそこで育ったという大切なメッセージが刻まれているんだから。

私個人は、東京生まれの東京育ち(とはいえ多摩東部:調布の深大寺で育ちました)なので、特に大いなる江戸弁も持っておらず、ある特定の流行語が流行った時期に大きく影響もされておらず、いたって標準語なのだろうと思います。

英語も、Middle of Nowhere(どこでもないところの真ん中)のような発音ではあり、それはほら、アナウンサーやら、カセットやCDに入っている朗読英語がお手本なわけですから、当然と言えば当然なのです。日本語での傾向と同じで、私は英語でも流行語に大きく左右されることはありませんでした。Super-, Actually, Unbelievable, just be happy などいろいろ流行したのですが、特に頻用するわけでもなく、今のほうがだらしないほど影響されているかもしれません。生徒さんで若い人たちがたくさんいると、わかるように話そうと思って、語調を工夫しすぎる傾向にあるのでしょうか?(怪)

日本語訛りは、4音節くらいある長い単語にしか顕れないようです。が、結局これは、日本語に訛りを持っていないためなのでしょうね。配偶者は鹿児島出身なので、ものすごい訛りで、英語も相当な影響が出ていますが、彼はとてもよく書けるため、Nativesにはむしろ尊敬されています。ちなみに中国語も話すのですが、中国語を話さない私から見ていても日本語アクセントがちょびっと入っているのはわかります(笑)。

英語の母音はものすごく組み合わせが多く、単純に5つのアイウエオ(aiueo)ではないので、それも発音を難しくしています。子音の克服は、Precious One English Schoolでもやっていますが、母音の組み合わせをすべてやるのは無理なので、Americanの発音のサイトをお配りしています。自力でできることにお金は取りませぬ。初歩的なものだけ、あるいはプライベートで発音レッスンは行っています。でないと、いくらあっても足りないくらいですし、通じるようになれば、さほど気にすることではないと考えるからです。

むしろ、発音ができないから恥ずかしい、という認知を捨てていただきたいです。「できる人はいいわよね、そう言えて」ではないですよ。発音はある程度まで、努力すればできるようになります。努力をする前に、自分で自分にブレーキを掛けないでいただきたいのです。

 

 

How-to-pronounce-L-and-R

 

発音レッスン受け付けていますが、特に基本をカバーする前に気にするよりは、聴くスキルをぐんぐん上げていただきたいです。

英語ができる感・査定の仕方

英語をある程度聴けて、文法の基礎がないと、「単なる口数が多いヒト」であっても、英語ができる人!という脅威感が生まれてしまうようです。これは、私自身も1988年4月から1ヶ月ほど苛まれたのではありますが、率直にその当時の先生だった Maryに訊いてみたら:

「あー、彼らはやたらと口数が多いだけ。文法はぐちゃぐちゃだし、単語にも母国語が混じるし。でも通じないってことじゃなくて、想像はできる感じかな」ということでした。イタリア人・ブラジル人・フランス人などなど、インド・ヨーロッパ語族に属する族派を母国語に持つ人々は、やたらと口数が多い(笑)。なので、口数が少ない民族にとってはとてもとてもびっくりするわけです。

さらに、性格的に内向的だったり、無口気味だったりする日本人は、さらに悲しくなるわけです。私自身、ずっと黙っていられるタイプなので、最初のうちはよく話すなーと日本人の女性にもびっくりすることがあったわけですから、さらにびっくりなわけです(笑)。

少なくともESLに来ている外国人や、日本で英語を学ばねばならぬ人々の英語は、脅威に感じる必要はまったくない!:母国語および性格の問題である、とみなしてください

ここで心が折れてしまうと、せっかくの機会にも前向きになれず、そのまま時間が経過していきます。

真価真価

悲しいかもしれませんが、現実視しましょう。英語は徐々にできるようになるものです。子どもが歩けるようになるような緩やかなスピードでの進歩が必要です。ただ、それを想像すると、1年前後でなんとかなるわけですよっ!すごくないですか?ただし、これまでの日本における英語教育法ではあまり効率はよろしくありません。

英語ができるようになったなーと感じられる場面をいくつかピックアップします;

  • Readingが苦ではなくなってきた
  • カタカナを見てイラッとするようになってきた→ もっとすごいと英語でスペルアウトするようになる
  • 外来語を聴いて、「あー、それ微妙に違うんだよね、英語とは」などと感じるようになる
  • 字幕をいつのまにか読まなくなっている箇所がある
  • 夢に英語が登場するようになる:最短で2ヶ月半くらいで見た!という報告アリです
  • 知らない単語に動じなくなってくる
  • 訳さなくなってくる
  • むしろこの分野は英語のほうが情報として質が上だよな、という差別化をするようになる
  • 相槌の種類が増えてくる:日本語よりも英語のほうが相槌の数が多いため
  • 数に敏感になってくる
  • 友だちに会うときにとりあえず「元気?」「週末は楽しかった?」「お母様元気?」などとあいさつが念入りになってくる
  • ひとりの時間がやたらとうれしく思える:英語は発話量が多いのでこの影響が出ます

どうでしょうか?これらを「うわー!徐々にできるようになってきている」という実感に繋げてみてくだされ♪

頭が働くのは56歳くらいから

こういう記事がたくさん載るといいですねぇ。aging-is-not-a-sad-thing-but-happy/ でも書きましたが、可視化できる証拠はこうして探せるものなのです♪

頭が働くのは50代半ばから 脳の「出力性能」上げる3つの条件http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/167158  

 training-the-brain

Precious One English Schoolの心理レッスンでは、ここにあるような脳の仕組みに沿った内容を展開しています。入力装置である脳を28歳までにどのように使えるか?が大切で、それ以降は脳の回路の優先順位、その後に出力性能を最大化、というのは、論理的に非常に正しいのですが、これが28年周期?というのは、私も着目していませんでした。おそらく個体差も大きいような気がします。が、脳神経学おそるべし、です。だから学習を続けるのって楽しいなーと思います。この先も、私が死んでからわかることがたくさんあり、見届けることが叶わずとも「仮説」をたくさん立てて生きていくのはいいなーという支えになりますね。

ここにある

  1. 睡眠の質
  2. たまのパニック
  3. 散歩→有酸素運動と脳内ケミカルの分泌促進

はすでに、レッスン中に理解していただいている知識です。

基礎コースですべて網羅します。睡眠の質は心理2のレッスンで、たまにパニックして!というのは、毎回のレッスンで実施しますが、その知識に関しては心理の各所で展開します。3.に関しても生物学的な知識を含め、心理で各所に散りばめます。

ゆえに、効率がよくなって、生活全体の充実度や時間の掛かり方が変わってくるわけです。

英語に関してもみなさん、個体差があれど、相当なスピードだな、と思うのですが、本人たちは改めてすごい!と思うことが少ないので、昨今では、Evaluation Sheet(査定表)を作ってみようかなどと思っています。でないと、どれだけ進歩したか可視化できないので。

学びは生涯モノ、というのは動かせない事実です。まずは英語でトライしてみてください♪

 

あなたは感謝の気持をどのように伝えられますか?

Thank you!

という言葉は、英語ではたいへんに頻用されます。PleaseかThank youか、というくらいに多いのですが、日本語では、ありがとうをたくさん聴いていますか?日本に帰ってきてしばらく経っているのですが、あまり聞かないなーという差が生まれています。

「すみません」のほうが「ごめんなさい」よりも多い、というのが英語のイメージですよね?それも違うと思います。少なくとも、私個人がCA州で過ごした19年弱では、廻りの人々は簡単に率直に過ちに関しては謝ってくれていました。

Thanks Giving:感謝祭という大きなイベントがあることでもわかるように、特に人としての感謝を表す機会や気持の違いはないと思うんですが、なぜか英語圏ではないところで、英語では、Excuse me!と I’m sorryは違う、という概念がまことしやかに流れています。

日本語でも、「すみません」と「ごめんなさい」を同義で使うことはありますよね?その差が英語の本質である

  • 距離感
  • 立ち位置/目線
  • 考え方

に影響を与えており、廻りに信頼できる人々がたくさんいる場合、単純にThank you, I’m sorry, pleaseで日々は埋もれていくと思えるのです。

 

儀礼で距離感の遠い人々とばかりつきあっていると、Excuse meとI’m sorryの差にぶち当たるのではないでしょうか?ましてや、英語が第一言語ではない人に向かって、アメリカ人やカナダ人が、鬼の首を取ったように、「あ、謝罪した!だからお前が悪いって認めたんだな?」などと迫る図は、とてもじゃないけど想像しきれません。ましてや、刑事事件の現場ですら、イマドキ、自白ほど弱い材料はないのですから。科学捜査で裏付けは取れます。言葉のやり取りが第一義なわけがないでしょーよ、です。

I love you.

Thanks a million/gazillion.

I am sorry.

I am happy for you.

I am so grateful.

I appreciate you.

After you.

Please take good care of yourself.

Please give a big hug to your mom for me.

などなど、ばらまいて生きていくのって素敵だと思いませんか?

Thanks

無口な男は確かにかっこいいですし、言葉に出すと詮無い安い感じになることも多々あります。けれども、愛を伝えることは、言語を持つヒトにしかできない特権ですから、感謝の気持はたくさん表現していただけたら、と思うのです。

 

英語だけではないですよ!日本語でも、ですよ!

 

English Conversation→ 英会話スクール?

英語で話したい方はおそらく英会話に通うチョイスを選びがちだと思われます。それって本当に効果的なのでしょうか?それしかないだろうな、という考え方の道のりを振り返ってみていただきたいのです。

たとえば日本語で、「オムレツがとってもおいしいお店を見つけたから、いっしょに食べに行かない?」と、大好きな友だちに伝えたいときに、相手が日本人ではなかったら?

そこでの発想は、この日本語をそのまま英語に直そうとしますか?

うーむ。すでに間違いなのです・・・(汗)。なぜならば、英語の本質と日本語の本質は少し違うからです。英語は、センテンスに必ず

  1. 距離感
  2. 立ち位置/目線
  3. 考え方

が入っていますので、日本語では必ずしも入っていないためにズレが生じます。

距離感:お友だちと自分の距離・親近感、普段食べているオムレツとそのオムレツの距離、食べに行く実現できそうな時間と今との距離、など考えられる距離はたくさんあって、これを選びます。

立ち位置/目線: お友だちの食生活を見ているのか?自分たちの仲についてなのか?どこから観ているのか?などなど、どこに話の中心を持って行きたいのか?によって表現が変わります。

考え方: おいしさイチバンなのか?オムレツだからなのか?いっしょがいいのか?誘うことがメインなのか?などなど、決めない限り、優先順位が決まりません。英語では結論を先に言います。

ですので、いろいろな言い方に変化するのです。英会話スクールでは、平均的にこんなことが伝わる、ということだけで、「ありがちな言い方」を教えます。そのため、本当にあなたの言いたいことが伝わっているとは限りませぬ。10人の日本語のできるNativesか、英語のできる日本人に訊いてみたら、バラバラな英語が出来上がるのはそのためです。

言語というのは生きており、それについて学ぶことがボタンが掛け違いにならないためのコツです。最初にやったほうがいいことは、英会話スクールに行く前に、自分の言いたいことを明確にすることですね。ですので、Precious One English Schoolでは、心理レッスンも混ぜて、言いたいことをはっきりすぐに頭に浮かび、口に出せるようにトレーニングします。ですので、英会話レッスンは必要なく、自由にSpeaking Sessionは無料でやっていただけるものと、実力査定するものとに分かれていきます。ここでも選択肢があり、自由度が高いのです。

誰かといっしょに

距離感

 

みなさまのコミュニケーションが幸深いものでありますように♪

Aging is not a sad thing, but happy!

昨今少しだけマシになってきましたが、老いるということをどうもネガティブに受け止めていることが多いのがヒトの在り方かなーと。いやいや、年を経るということは、それだけ: ・ たくさんの人々に出遭った ・ たくさんの経験をした ・ 生き延びた という証拠なのですから、当然褒められる状態なのです。 生産性がなく、建設的でもなく、日々を蒙昧に過ごしてしまう継続性のみに、日常性のみに、着目しがちだと、歳を重ねるっておそらくとても悲しい階段を下がるような気持なのでしょうね。 私の脳は子ども時代からこっち、ずっと右肩上がりです。会いに来ていただけたら、実年齢をうまく生きていることを観ていただけます(笑)。

Wrinkles-Smiles

物忘れやら勉強の効率が悪いやらヒトの名前と顔が憶えられないやら、という困ったことはありませぬ。最近誕生日があったのですが、白髪がないこと・シワがほぼないこと・まだ180度の開脚ができることなどなど、いろいろ褒められました(笑)。よいDNAをもらえたことと、過ごし方に差をつける暮らしをしている自分の両方に、よい意味での誇りと感謝を持てた日になりました。 英語圏では、Age is just a number. 年齡は単なる数字である、という言い回しをよく聴きますが、本人がそう受け止めない限りはそうはなりません。確かに時間軸では確かに線が伸びているのですが、それを上昇と受け止めるのか、下降と受け止めるか?には心持ちと、それをバックアップする可視化できる証拠が必要なのだろうと思います。貯金も、目に見えない楽しみはあるとはいえ、ブタの貯金箱よりも透明なビンに入れたほうがずっと進み具合がよくわかる!ってのと同じです。 英語も同じで、可視化できる進歩が必要なので、Precious One English Schoolでは、記録に残しておく学習法を身につけていただいております。それらが宝物になるように、日々の意識の持ち方も同時に心理レッスンで強化しています。 この心持ちというのは不思議なイキモノで、廻りに影響されていることは否めません。老化に関しても同じことで、年齡をJust a number!と捉えている方々に囲まれれば、そう思い続けられるわけです。コツはまずここにありそうです。周囲を眺めてみてください。今日、これからぜひともチェックを!

誰かといっしょに

スクールに来てしまえば誰かといっしょに英語学習をするのは可能なのですが、独学を選んだ方はぜひとも「英語友だち」を作ることをおススメします。いいことだらけなのですが、Downfallとしては、その友だちと仲違いしたときにつらい、ということでしょうか? そんな意味も含め、Precious One English Schoolでは、心理レッスンを14入れることにより、人間関係の構築も基本から学んでいただきます。なぜならば、英語を話すということは、他者とのつきあいが大きく関係するからであり、コミュニケーションスキルを徹底的に見直していただきたいためです。 現在も、ご夫婦で学んでいる生徒さんがいらっしゃいます。とてもなかよしで、「あー、夫婦ってなるべくしてなるんだなぁ」と、ほとほと感心するわけです。いっしょのクラスルームにいると、私までうれしくなってしまうような励ましや思いやり、誠意や忠義、いたわりなどなどの愛が飛び交うわけです。そのため、英語の学び具合も加速しているのが、空気中の分子の振動で伝わる感じです。 いずれ英語ができるようになりつつあると、Writingを観てもらったり、メールで英語を混ぜたりなんてことも可能になりますし、Speakingの練習相手になるなんてこともいい側面です。独学で続ける方はぜひともお友だちをたくさん巻き込んでしまってください。 友だちのほうが伸びてしまったら?という嫉妬や羨望を減らす訓練も同時にしてみるといいです。なんといってもコミュニケーションスキルの基礎は、自分の心持ちについて意識することで、それをどのように行動するか?を選択していくことですので、「他者とのふれあい」の機会が増えることがそもそもの鍵になります。その場面が、ごはんを食べたりどこかにいっしょに行ったりの上に、+英語をいっしょに学ぶとなれば、もっと絆は深まります。

College Classroom

生徒さんの中でも、生徒さん同士そもそもは知らない人だったのに、知り合うことで自然と応援する気持、高め合う気持が生まれて、その相乗効果は計り知れないものがあります。なんの損得もないところで知り合う。そして、なるべくJudgement がない生活を学びながら、いっしょに成長していく、というのはとても気持のいいことのように思えますが、どうですか? 英語ができたら広がることも多いので、ぜひとも人生の大きな一部に取り入れてみてください♪

英語を使えるようになりたい理由は?

不思議なのは、お金を貯めることも同じなのですが、「使い道」を年頭に置いて学習法が変わるってこともアリだという肯定がないまま、みんなが同じ習得法を探しているように見えること。しかも、動機づけに関してはかなり漠然とした気持ちのまま突入していること。 自分の時間は何にも代え難いとても大切なものです。だったら、勉強時間は少ないに越したことはないです。そのためには、自分にぴったりな勉強法に着目して、スクールが押し付ける勉強法から離れて、自然な形にしたほうがいいのでは?というのが、Precious One English Schoolのテイクです。 Precious One English Schoolでは、まず「英語と日本語の違い」を解説させていただきます。それらの認識がなければ、同じ言語として英語を、日本語のように扱ってしまうからなのです。日本語と英語は圧倒的でものすごい違いがあります。もっと言わせてもらえれば、読み書きがある言語がある国に生まれた幸せをかみしめているかどうか?なども、英語を始める前に大切な確認です。 Given 与えられたものを当たり前のように享受しているために、英語に不便を感じる。これは少しおかしなことです。昨今では、携帯・スマホなどでそうした現状多発しています。 あなたはなぜ、英語を使えるようになりたいですか?もっともっと世界が広がり、専門性が高くなり、さらに友達がたくさんできて、新しい価値観・文化・考え方に出遭い、ひとつひとつが深まるために、具体化して考えてみてください。高尚なものでなくともいいのです。私の場合は、パイロットになりたいがために英語を学びました。生命が係っているので、あっという間に使えるようになりました。が、赤ちゃんに戻されたような気持ちになり、楽しい1年弱でした。その後もますます英語力は上がっています。今も、です。 ひとりの人がゼッタイ的な譲れぬ目的のために英語を学び始めた:この動画は、文盲(Iliterate)な人の読めるようになるまでのムービーです。泣けるので見てみてくださいませ♪でもなぜかWhiskyのCMなのです。