コラム

”Have a nice day!!”は何時くらいまで使える?

これ、おもしろい観点ですよね。とはいえ、英語は日本語よりも時間にビンカンなので、いいですよ(^^♪ こういう繊細さは求められます。

私個人は相手のスケジュール感や宵っ張りか早寝かなども見ながら使いますが、一般的には夕方以降は、Have a nice evening! に変更したほうがいいかもですね。外に出ている時間が長い場合には、まだ day は続くけれども、家に戻ってリラックスして、食事や長いお風呂や家族団らんや映画・TVをエンジョイするのであれば、evening となる感じでしょうか。夕日が落ちてから寝る前までが evening なので、そこをいい時間にしてね、という意味になります。

日本語には時制が4つしかないことに、多くの日本人は気づいていません。英語を中学から学び、さまざまな時制があることをしっかり認知していながらも、日本語に時制が4つしかないことをまったく気づけないまま来ているのはなぜなんでしょう?

ここは、すんごい不思議です。

私も同じでしたが、渡米して英語のクラスが始まった1か月目にはすでにものすごいびっくりさを伴い、実感しておりました。そのときにはもう日本語を英語に訳すことをやめようとしていたのです。ちょいと意味がない→かなり意味がない→ほぼ意味がないとどんどん移行していけばいくほど、時制の操り具合がよくなっていったものです。

びっくりすることに、未来形は日本語にはないんですよ。なので、英語の未来形をかなり間違って紹介しているテキストも多いです。「でしょう」「だろう」というのは、助動詞ですよね?動詞にくっつけて意味を加えていく助動詞です。

かたや英語には16も時制があるんですが、日本の教科書では12として教えているものが多いです。ここもなぜなのか意味不明です。(・・;)

さらに前置詞で「時」とカップリングするものは多いですし、頻度を表現する副詞の数も多いですし、時は英語ではかなり大切です。

とはいえ、なぜか電車もバスも時間通りには来ないなぁ(笑)。

ついでなので、時間に関する日本語で説明してあるサイトをいくつかごらんください。

時間に関する英語表現1

時間に関する英語表現2

時間に関する英語表現3

さらに英語を教えていて、けっこうな数の人々がわかってくださっていないのは、「深夜=midnight」と思い込んでいること。midnight は午前零時きっかりのことであって、深夜のことではないのです。深夜は after midnight とか、1am 2am などであって、ポイントを指しています。まぁ、深夜に活動する方々は少ないので、着目ポイントではないですしね。同様にNoonがあるじゃないですか!Afternoonはしょっちゅう使っていると思うんですよ。だったら同じ法則を使っていただきたいのです。

暮れが押し迫ってきている中、英語学習にケリをつけるいいタイミングかもしれません。当たり前と思っていたことが実際はまったく当たり前じゃなかったこともあります。このHave a nice day!を考えたことがあるかどうか?だけでも、英語的観点ではありますしね。


上記の時間に関する英語表現でも、少し刺激があった!と思われる方は、ぜひとも完全無料体験レッスン2時間をご検討くださいませ。<(_ _)>  お申込みはこちらから。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。