ブログ

だるまのご利益

今、ひじょーに気になっているのは、スクールに鎮座しているだるまさんのことです。コロナが発生してしまったので、3月3・4日のだるま市に行けなかったのです。なので、今鎮座しているだるまさんは、イッタイどうしたいのだろうか?と、気になってきになって仕方なく・・・。

 

調布市の深大寺で、だるま市が閉鎖ということはなかったのですが、コロナの影響でいつも通りの賑わいでなかったことは確かです。私は、たくさんの生徒さんに接するため、自重して、行かないことに決定したため、だるまさんに恨まれているかもしれず・・・。

 

1年2か月経ってしまったのですが、彼はイッタイどうしたいと感じ考えているのだろうか?

 

彼はコロナに感染するわけではないので、きっと戻して差し上げたほうがいいのですが、GW中は、深大寺は山門を閉ざし、閉鎖していたのです。それもあって、いつのタイミングで、だるまさんの1年ご苦労様でした<(_ _)>のご供養をし、2020年版の新しいだるまさんに来ていただいたらいいのか、すっかり戸惑っているわけです。

 

しかも!

 

このスキップは、私の持ち得る運とやらを減らしてしまうのだろうか??

 

とはいえ、私は「運・不運」を信じていないのですけれどもね。これにて、さらにだるまさんに立腹されているような気がしないでもない・・・。

 

だるまは高崎が有名ではありますが、私が子どもの頃からずっとだるま市があるので、たぶん深大寺もそれなりの由緒があるのだろうから、それに従うべきだろうと想いつつ、この体たらく・・・。 (・・;)

 

だるまの目入れの説明

 

深大寺だるま市   だるま市の由緒・説明

 

やはり例年の1割ほどの人出だった!

 

みんなだるまさん、どうしているんだろうか?それが気になって仕方がない・・・。が、だるまをどうしたらいいのか、という具体的なアドバイスは見つからず・・・。(・・;)

 

やっぱり1年ごとらしい・・・

 

やはりコロナの自粛規制が終わったら、速攻でお焚き上げの場所に奉納せねば、と思い詰めてきた・・・。チキンな私である。

 

しかし、いつになったら?というのが読めず、本日5月12日現在も、全国的には自粛規制が緩やかになっている地域はあるものの、東京都は頑なな状態で、新しい感染者の報告数に間違いがあったとか、手書きだったとか、なんだか情報が錯綜しているところも間々あって、何を信じていいのかわからないがゆえに、やはりもう少し、しっかり自粛態度は守ろうと思うところです。

 

だるまさんもきっと許してくれるに違いなく・・・。

 

さて、そもそもだるまのご利益とはナニなのか? だるまのご利益

 

ああああああああああああ!私ってばわかっていなかったぁぁぁぁぁ!いつも赤いだるまを平然と、当然のことのように選んでいた次第ですが、黒とか黄色とか金色のほうがよかったのかー!!!学業的には、白いほうがよかったのかぁぁぁぁぁぁ!

 

こんなにだるまひとつでジェットコースター的に考えてしまい、ネット検索をしていろいろ読み込んでしまうのであれば、もう買わなければいいのか??

 

いや、せっかく深大寺で生まれ育ったのだから、コレは続けよう。でも、50年以上も流されてきたことを知り、軽くショック(笑)。とはいえ、達磨大師の謂れなどはちゃんとわかっていたのでヨシとする。この色別のだるまの由来って、昨今決まったんじゃないのかなぁ・・・。ダウト!

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。