コラム

英語らしい表現の判断はつくけど、自分では発することができない

英語らしい表現とはどんな法則性があるか、実感するくらいの感度が上がったのだから、それはとってもいいこと!英語らしい表現がなぜ英語らしいのか?というのがわかるんだからすごい♪

英語はヒトや物を中心に表現し、結論を先に言うが、日本語は状況・情況を中心に表現するので動詞がかなり難しいものを使うし、ヒトや物を省略する傾向があります。

ですので、日本語を英語にそのまま訳すようなことをしても、英語にはなりにくい。たとえ文法的に間違っていないとしても、違和感があるわけです・・・。んん?となったり、イメージがなかなかできなかったり、理解まで到達しにくいのです。それはかなりコミュニケーション手法としては、わかりにくいし、聴いている&読んでいる方としてみればかなり面倒くさいので、ビジネス相手や友人としては、魅力が少し減るじゃーないですか・・・。理解し合える可能性が低くなるわけですから。

自分で発することができるようになるために、Shadowing/Dictationを推す勉強法がありますが、Precious One English School では、かなり否定的に解説しています。なぜならば、この2つはListeningの上達を阻むのです。これについては過去の英語コラムを探してみてください。<(_ _)> ですので、この方法は却下。

最も大切なのは、受け身にならないことです。自分の口癖の中で、英語にする確率が高いものに自分で気づくこと!どう表現するのだろう?という興味が持てるか持てないか、自然な流れを日本語でも実際にはやってきたのです。ところが、往々にしてそんなことは忘れているので、英語を学ぶときに気づくことができないわけですね。むしろ、中高の英語の授業でやらされた暗記や文法、ネットに書いてあることを信じてしまう傾向を身に着けてしまっているわけです。

これはアウト!

暗記は定着させるまでに時間が掛かるし、文法の問題集は問題数が多すぎて途中で挫折する確率がひどく高い(笑)。ネットに書いてあることは、自分の体験談に過ぎず、自分の主張を正しいものにするために論理的にまとめてありますが、もしかするとあなたには当てはまらないとは書いていない・・・。確かめる術があるかどうか、ちょっとチェックが必要です。だって、いろいろやってみても効果があるものとないもの、本当にばらついていて、時間も情熱もお金もけっこう無駄にしてしまったヒト、英語学習やダイエットについては多いのですから。

英語を日本語と同じように扱えることが最終目標ですから、自然に、自主的に、生活習慣に落とせて体感に繋げていく、というのが大切です。座学=勉強はしないこと。

スキマ時間で「英語だったらどう表現するんだろう?」という好奇心を持ち、頭の中で組み立ててみるのに、日本語と同じではダメだということをわかること→訳すことではなくて、英語らしい表現じゃないと!ということに気づくこと。それが正しいかどうかを見極めるためにも、Precious One English School では、Chatworkにて、添削を展開しています。よくやる人は、ほぼ毎日だったり、週に何十行と書いてきます。使わない人はまったく使わなくなってしまうので、バレバレの反省材料なのですがそれは自分に反映していることがわかると思うんですよね。(^^;)

Writingの添削で直されてみて、腹落ちするくらい納得できると、自分でも脳内で使ってみるようになって、その後、誰かを相手に使えるようになる、というわけです。なので、昨今SpeakingよりもWriting添削を求める生徒さんも増えている様子です。

みなさまも活用してみては?

CTA
調布駅から徒歩1分、脳科学に基づいた英語学習
調布駅から徒歩1分、カリフォルニア大学バークレー校心理学部で学んだ『心理学』『脳科学』に基づいた英語学習をお伝えする”Precious One English School”。半年で平均TOEICスコア250点アップ!英会話を身につけて人生を変えたい方におすすめの英会話スクールです。

 

英会話を身につけて、人生を新しいステージに導きたい方は
下のボタンから、本校をご確認ください

調布駅すぐ英語教室のPrecious One English School

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。