ブログ

二階家での暮らし

一戸建てで生まれ育ち、アメリカから戻ってきてマンションに長らく住んだあと、2年前から一戸建ての二階家に初めて住んだのですが、けっこう悪くないものなのですねぇ。なぜならば、強制的に運動ができてしまう(笑)。階段の上り下りだけでも、けっこうな運動量にはなっていると思うのですよ。

ひとつ前に家はいわゆる欠陥住宅だったと思います。引っ越すときも修理費とクリーニング代金で48万にちょっとお釣が来ただけだったので、猫・母・彼・私の人為的な責任以上に、劣化するものが早かったりしたのは確かです。

そして、今回の築53年の家なのですが、大家さんが寛大な方で、住んでからまだ1か月経たないのに、いろいろと修理してくださったり、即座な対応をしてくださっています。1か月も経っていないのに、この連絡やりとりを不動産やさんにしていて、電話で、「とっても快適に暮らしています。ありがとうございます」と言ってしまったほどです。わーい!

猫たちのルーティーンも決まってきて、私のおさんどんを強制される暮らしも定着し(笑)、母の介護もだんだんメドがついてきて、次にやることは、区分変更と週に1回の理学療法士さんとヘルパーさんの発掘です。そのために、母に調布市役所まで行ってもらう必要性があるので、そこを10日の区切りをつけ、家内を歩いて訓練してもらっている状況です。昨今、母は晩酌を始めましたので、きっと生きるエネルギーはあるのに、我儘な子どもに戻ってしまっているので、イヤなこと・損だと思うことを極力避けているのですねぇ・・・。

以前の家は、二階に母を閉じ込めている状態で、お風呂と洗面所が下にあったのです。キッチンは二階だったし、トイレも別にあったのでそれでよかったのですが、徘徊を心配していた私の目論見がハズれ、彼女は歩かない・動かない老人化してしまいました。

ゆえに、今度は彼女が動きやすいように、逆の普通の家を探したのです。しかも、私が彼女をケアできるようにスクールからちょこっとの時間で帰れるように。本日なども、15:30に終わって、次が19時なので、その間の3時間ちょっと帰る予定です。ネコたちも心配だし、会いたいしね。

ネコたちの逃亡癖は続き、北斗は家の外に事あるごとに逃亡します。昨日も2時間ほど外を満喫したようなのですが、最後はさみしくなり、寒くなり、自分から戻ってきました。探してあげたり、ドアを開け閉めしないほうがいいことがわかったので、今度からは放置作戦で(笑)。ベランダも解放する前に、ちゃんと下部にあるスキマを埋めねば、鈴音あたりが下にジャンプしてしまうと思われるので、まだ春までは待ってもらう予定です。

洗濯ものがすごく乾くんですよーう!以前の家よりも面積とすると、ベランダは倍以上ある感じです。いや、3倍弱くらい?なので、布団も気が向いたら干せるし、午前か午後のレッスン次第では、毎回干せるのです。問題は、母の布団で、階段の上り下りを強制されるので、またそれも私の運動量が増えて「よし」とすべきですね・・・。(・・;)

冬は劇寒いので、夕食づくりをする前に石油ファンヒーターを使って一気にリビングキッチンを暖めるのですが、料理を開始するとすぐに暖かくなります。TVをつけて、母と彼を呼び、食卓に着いてもらうのは30分以内で!と決めており、それまでに4-5品を作るか、保存しておいたものを温めなおしたりするか、など、隣と二階から移動する時間を見ながらやっています。

2日に1回はお風呂を沸かして順番に入るんですが、私が最後で、残り湯を洗濯機に入れるまでをセットとしているのです(笑)。そこまでしないと、気持ちよくビールが飲めない(笑)。二階に残っている洗濯物がある場合・キッチンのタオルやふきんを洗濯したいこともあるので、実際に洗濯機を廻すのは寝る前の歯磨きのときです。

二階家特有のいいところは、まだ1か月しか経っていないけど(笑)、ベランダと階段です。音が完全に遮断されることと、日照時間を計算できること。

今後もこれを楽しめるのか?夏は相当二階部分が暑いと思うので、母の部屋とリビングに猫たちを避難させる予定ですが、私の自宅仕事が多いときは一体どうなってしまうのやら(笑)。まぁ、Let it beですな。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。