ブログ

希望の光

このタイトルを見てなんのことだ?って思っている方がほとんどだと思います。実は急遽このブログを書いているんです笑笑ですが残念ながら、このブログを書いている時期とこれが出る時期にすごい差があるので皆さんは多分もう知っているかもしれません。苦笑

でも言います‼︎なんとロシアに破壊されてしまったアントノフの復興募金が始まったのです‼︎これは本当に希望の光です‼︎私自身もう一生見れないと思っていたレベルだったのでこの記事を見た瞬間に元気になりました‼︎

ここでアントノフとは??と思った方に説明しますね。アントノフ、正式名称An-225 ムリーヤといい、ソビエト社会主義共和国連邦に統合されていた当時のウクライナ共和国の時代に同国のアントノフ設計局が開発した飛行機です。全長84m、全幅約89m、全高約18m、最大離陸重量は640トン、貨物搭載量(ペイロード)は250トンと、現存する世界最大の飛行機です。タイヤは主降着装置7脚、合計32本もあり、エンジンは左右の翼に3個ずつ、計6個という他に例を見ない機体なんです。
現在、法律で大型飛行機の製造が禁止されているためこの飛行機が実質世界で1番大きい飛行機なんです。日本への初飛来は2010年と割と最近なんです。

昔はずっと軍事用として使われていたのですが、ソ連が崩壊してからは少しの間使われなくなっていました。軍機を上に乗せて運ぶことがなくなってしまったので。ですが、この大きさの機体を放置しているにはお金もかかるし何より勿体無いといことで現在は貨物の運用がメインとして使われているんです!!︎一度にすごい量を運ぶことができるので貨物に最適なんですよね‼︎笑笑あと実は東日本大震災の時にも沢山の支援物資を運んできてくれているんです‼︎大きな災害が起きた時には基本支援物資を積んで運んできてくれます笑笑

こんなアントノフですが、ロシアとウクライナの戦争で2月ごろロシア軍側に破壊されてしまったのです。飛行機好きのみんなの夢を…。この機体はアントノフ社で2機目の製造をしていたのですがほぼ進んでおらず倉庫行きになっていたんです。ですが今回のことを受けてなんと復興作業を始めるために世界中へ資金援助を呼びかけているんです。3月25日から国際基金の募集を始めました。

正直飛行機をあまり知らない人からするとよくわからない話ではあるのでどのくらい集まるのか不安ではありますね。また今のウクライナ政府には到底アントノフを作る財力が無いので、他の国からどのくらい関心を寄せられるかがポイントになってきますね。再建費用は30億ドル、日本円にして3700億円と言われていますからね…。先はすごく長そうですが、飛行機ファンからするとアントノフが復活するという文字を見ただけで希望というか嬉しさが込み上げてきます笑笑皆さんの周りに大富豪がいましたらぜひこのことをお伝えしてくれると嬉しいです😂😂

CTA
調布駅から徒歩1分、脳科学に基づいた英語学習
調布駅から徒歩1分、カリフォルニア大学バークレー校心理学部で学んだ『心理学』『脳科学』に基づいた英語学習をお伝えする”Precious One English School”。半年で平均TOEICスコア250点アップ!英会話を身につけて人生を変えたい方におすすめの英会話スクールです。

 

英会話を身につけて、人生を新しいステージに導きたい方は
下のボタンから、本校をご確認ください

調布駅すぐ英語教室のPrecious One English School

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。