コラム

聞き流さない!意識化の法則

無意識の行動が93%以上もあるヒトは、もっと大切なことにエネルギーを使おうと努力しております。とはいえ、その大切なこととは何か?ということを、どのように捉えているのかという疑問が、そもそも前提としてあるじゃーないですか!人生において大切なことはたくさんあるけれども、それを体系化してうまいこと優先順位をつけられるかどうか?これが、知性です。

知的なヒトについて語るのは別のBlog記事で展開してきておりますが、共通点としては、分類が鋭い人ほど賢いですし、どこにどの程度自分のエネルギーを注力して、どのように、なぜ、ということがわかっている人のほうが成功率が高いです。

そして、英語のListeningにもそれを応用できるかどうか?

ちょっとだけ意識することで、Listeningは劇的に変わります。さらに、その効果をあげるためには、やってはいけないことをやらない!ということで、エネルギーを適所にしっかり使えるようにできます。たとえれば、焚火でマシュマロを焦がして焼いてから食べるのに、どんな棒に突き刺して、どのように突き刺して、火のどの部分にかざして、どのくらいの時間を費やし、どんなふうにクルクル廻すか?というのが、気にしてやるのか、まったく野放しで自由にやるのか、の差(たぶんものすごく幅がある)のどこにいるか?史上最高においしいBBQマシュマロを食べたことがある人には、たぶんそれをListeningに応用することは可能だと信じているし、やる本人が信じていればできると思うのです。

自分に問うてみましょう:

  1. どんなに小さいことでもいいので、段階・手順があることを成功し続けてうまくできる
  2. 数回それをやる中で「最高!」という評価のものを体感したことがある
  3. 数回それをやる中で
    1. 積極的にやったほうがいいこと・やらねばならぬこと
    1. どうしても避けねばならぬこと・避けたほうがいいこと

   をしっかり理解して、体感にまで落とせている気がする

そしてこれを他のことに応用できる気がするし、それが英語のListeningでも大丈夫!と思える。

実際に小さい頃から、これを続けてやってきているだけで、その学習対象物が、大きかったり小さかったり、自分の得意分野だったり不得意分野だったり、手順が単純だったり複雑だったり、お金がかかったりかからなかったり、時間を要したり要さなかったり、と、この分類ができれば、一芸に秀でたものがあれば、応用力が問われているだけだと思うんですよ。

多くのエキスパートが言っているかもしれないListeningを上げる方法、ワタクシおおだいらは、さほどすごいと思っておらず、むしろ、Dictation&Shadowingは初期から中期まではしないほうがいいと考えています。ABCという初期の「し」のところでやってみるのは、例外としてアリですけども。

たとえば、Aが、エイって聴こえたか、エーって聴こえたか、アって聴こえたか、などを認識するために、Shadowing ちっくなことをしてもらうことはある、というような意味です。

ただただ、たくさんの量を聴けば、日本語のように聴こえるようになる、というのは嘘八百です!Listeningの教授法にすらなっていない(笑)。何を教材にして、どのような段階があって、どうしてこれが効果的で、どうしてこれは避けた方がいいことで、などなど、本気で学んだことありますか?

ない方はぜひ学んでいただきたいです。もしもPrecious One English Schoolで学びたい場合は、ぜひとも無料体験レッスンにお申込みください!

大切なのは、意識化を加えることです!

CTA
調布駅から徒歩1分、脳科学に基づいた英語学習
調布駅から徒歩1分、カリフォルニア大学バークレー校心理学部で学んだ『心理学』『脳科学』に基づいた英語学習をお伝えする”Precious One English School”。半年で平均TOEICスコア250点アップ!英会話を身につけて人生を変えたい方におすすめの英会話スクールです。

 

英会話を身につけて、人生を新しいステージに導きたい方は
下のボタンから、本校をご確認ください

調布駅すぐ英語教室のPrecious One English School

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。