ブログ

薄毛

シワでも書きましたが、コレにはDNAがかなり深く関連しています。

薄毛の原因1

薄毛の原因2

男性型脱毛症 AGA

私個人は、薄毛を気にするくらいなら剃ってしまい、スキンヘッドでいいのではないか?と考えています。特に気にしていませんし、人間性や見た目に瑕疵があるなんて思ったことすらありません。合気道を習っていた頃に(1か月500円という格安月謝だったため可能だった)スキンヘッドのヒトがいたんですよ。むしろそのヒトを追いかけたいくらい大好きでした。ただ、世の中には好き嫌いがあって、やはり薄いとダメというヒトがいることも肯定します。

そして薄毛になって悩む方がいるのも理解します。

実は私も、薬指がとても、というか、異常なほど長い女子です。爪の長さ1つ分くらい長いです。しかも両手とも。(・・;)

Testestrone と脳の関係

ということは、髪は女性ホルモンの影響が大きいと言われてはいるものの、男性ホルモンがそもそも比率が高いようで、髪も薄くなる可能性は高いということが言えます。

実際、日本に戻ってきた頃、髪の毛がうんと細くなりました。1本を観察するとよくわかる・・・。ものすごい差が見えていたので、日本という文化に戻ったことがこんなにもストレスなのか、と自分で驚きました(笑)。そして、50歳を過ぎて更年期になった頃には、女性ホルモンがさらに低下したため、髪が抜けやすいように感じるようになりました。そして56歳で閉経したあとには、抜け毛は気のせいではなく、本当に増えた・・・(笑)。そして、髪の本数も減っているかもしれないという事実に直面するわけです。もともとが多かったので、特に今のところはいい感じの量で、不自由もないし、見た目にもフツーです。

ただ、この男性ホルモンが多い影響がAGAのような症状として出てくると、おそらく薄毛という状態になりそげな未来が予測できますね・・・。なので、ワタクシも他人事では済まされないことなのでした。

投薬療法すらあるんだ・・・と、本日ものすごくびっくりしたのです。しかも、故・野際陽子さんがCMに出ていた女性用のウィッグなども今は気軽に試すことができるので、特に心配しなくてもいいのかなと思うようにはなりました。とはいえ、私はずぼらだし、外見はまったーく気にしないので、きっとやらない(笑)。

でもね、最悪の場合はこんなこともできるらしい:女性AGAのためのサイト しかもご予算に応じて希望が叶えられるかもしれないなんてすごいなー。

気になる方はこちらのサイトでチェック:頭髪セルフチェック

自分でできることもけっこうありますので、気になる方は、これらの対策を習慣化してみるといいです。

  • 生活習慣の改善 自分でできる

  • ストレスの軽減・解消 なんとかがんばる

  • ヘアケアの見直し 自分でちゃんとできるけれども、ちょっとリサーチも必要

  • クリニックでの治療 ご予算に応じて。シリアスであれば一度行ってみると気が楽になるかもしれない!

私も予備軍なので、がんばりますぞい。シャンプーも完全にノンシリコンに替えました。白髪がまったくないので油断していたエリアですが、気のせいではなく抜け毛が増えたので、気を付けていきたいと思いますっ!

ストレスが大敵なので、ストレスに強くなるか(ガマンとは違う)、ストレスを出来うる限り回避してくださいね!

CTA
調布駅から徒歩1分、脳科学に基づいた英語学習
調布駅から徒歩1分、カリフォルニア大学バークレー校心理学部で学んだ『心理学』『脳科学』に基づいた英語学習をお伝えする”Precious One English School”。半年で平均TOEICスコア250点アップ!英会話を身につけて人生を変えたい方におすすめの英会話スクールです。

 

英会話を身につけて、人生を新しいステージに導きたい方は
下のボタンから、本校をご確認ください

調布駅すぐ英語教室のPrecious One English School

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。